こんにちは!!
ご訪問いただきありがとうございます。


お正月を迎えたのち、節目の日として成人式がありますね。その際、社会人としての初のドレスコードを体験するいい機会ともいえます。

男性の多くはスーツスタイルが多いのではないでしょうか。

スーツのシルエットといえば、多少違いはあれどシンプルそのものです。
それにより体形にフィットしたものを着用するかどうかで大きく見た目の印象が左右されます。
その重要性についての詳細は【女性たちの”こんなスーツを着ている男性が好き”について】をご覧ください。

今回は成人式に着ていくスーツ選びの際にカラーイメージがどんな印象を与えるのか定番の3色をご紹介いたします。



1stスーツはシルエットを重視せよ

スーツ選びで最も重要なことはシルエットです。( ここではサイズ感という意味合いも含みます )

なぜそれが大切かというと、”身だしなみ”というマナーに気を使えるかどうかが表れるからです。

スーツは直線ラインの多いシンプルなデザインゆえ、そのシャープさが清潔感に繋がる大きな要因です。逆にいえばそのラインに「丸み」や「歪み」ができてしまうと”だらしなさ”というふうに表れてしまいます。

お店で試着する際に気を付けなければいけないのは、体型にピタッと合うサイズのものがなかなか無いからといって”妥協”しないことです。

今は紳士服専門店で並ぶスーツもオーダーメイドスーツも、価格の差は縮まり選択肢が増えてきました。スーツは、成人式だけでなく今後色んなシーンで着ることの多いスタイリングなので、是非ご自身の体形に合ったものだけを揃えることをお勧めします。



迷ったときは定番カラーのスーツを押さえる

スーツをオシャレに着こなす男性が増加し、紳士服量販店で選ぶにせよオーダーメイドで仕立てるにせよ生地のバリエーションが豊富になってきています。

それから初めてスーツを買う人にとっては、ネクタイやネクタイピン、ポケットチーフ、革靴等の小物をどんな雰囲気のもので揃えるか迷いやすいです。

スーツの定番カラーは黒、紺、グレーの3色です。 無地や柄で印象が若干変わってきますが、迷ったときにはこの3色の中から選ぶと良いでしょう。



色のイメージで選ぶ

黒色のイメージ

力強さ・威厳・厳粛・個性的・自信・オシャレ・重厚感・フォーマル
プロフェッショナル・強い信念がある

黒色は、色んな色の中で唯一どんな色にも染まらない色なので、合わせる小物の色や柄次第ではフォーマルとして活用したり、はたまたモードなオシャレが出来たり様々なシーンで活用しやすいです。


紺色(ネイビー)のイメージ

高級感・堅実・真面目・やさしさ・落ち着き・安心・平和・コミュニケーション
信頼・理知的・権威・重厚感・冷静・創造力・自由・父性と母性・神秘的

紺色は、相手に堅実でまじめな印象を与え、信頼感を得られやすいというイメージの色です。その色のトーンが濃くなればなるほど重厚感を醸し出し、よりそのイメージを与えやすいです。逆にトーンが淡くなればなるほど紫色の色味が入っているにも関わらず高級感は保ちつつ、フレッシュなイメージを与えやすいです。


グレーのイメージ

落ち着き・柔軟・都会的・大人っぽい・スタイリッシュ・謙虚・ニュートラル
上品・知的・保守的

グレーは白と黒の中間色なので、トーンの具合によって与えるイメージが左右されます。白色に近くなれば白色の要素を含み、黒色に近くなればなるほど黒色の要素が含まれます。
ただ、グレーの面積が大きければ大きいほど地味になりやすいので華やかなシーンでは、ネクタイの色味や柄をはっきりした色を合わせるとメリハリをつけてスタイリッシュなスタイリングにしましょう。また、ジャケットの胸元にポケットチーフを挿すとより華やかな見た目になります。




まとめ

社会人になると様々なシーンでスーツを着る機会が増えていきます。ビジネスシーンはもちろん、冠婚葬祭、成人式などの門出の日などなど・・・

それぞれのシーンによって人が集まる目的・場所の雰囲気・時間帯を考慮し大人の男性のマナーとして、スーツを活用しましょう。

また、それが同じ空間を一緒に過ごす方々への” 思いやり “の表れとなり、スマートでカッコいいスーツスタイルとなります。